ポリフェノールとは植物特有の成分であり、大豆に含まれるイソフラボンをはじめ、たまねぎのケルセチン、緑茶のカテキン、蕎麦のルチン、コーヒーのクロロゲン酸などがあり、動物には存在しありません。 植物に含まれている苦味や渋味成分、色素成分がポリフェノールであり、光合成によって生成されます。 近年では、このポリフェノールにはとても強い抗酸化作用があるとわかり、注目されるようになりました。 活性酸素は動脈硬化や糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)の原因となり、細胞や遺伝子にも作用します。 細胞膜上では活性酸素(呼吸をすると、その酸素の約2%が活性酸素になるのだとか。増えすぎを防ぐためには、ビタミンやポリフェノールなどを摂るといいでしょう)のダメージを受けやすいでしょうねが、ポリフェノールはそんな状況でも抗酸化作用(喫煙や飲酒の習慣がある人は特に抗酸力の高い食品やサプリメントを摂取した方がいいでしょう)を発揮するため、活性酸素を排除して病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)を防ぎくれるでしょう。 喫煙率が高く脂肪の摂取量も多いにもかかわらず、フランス人の動脈硬化や虚血性心疾患での死亡率が低いのには、赤ワインに含まれているポリフェノールの抗酸化作用が関係しているという説もあるんです。 ほかにも、女性ホルモンのバランスを整えたり、血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)降下、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)の抑制、発がん性物質の除去など、様々な効果が期待できるのですー